Header

Content

董事長のご挨拶

堅持給您最好的

麗明営造株式会社としては一個一個のプロジェクトを引き受けるたびに精一杯に努力し、最善を尽くしながら品質を保ち、完璧な建物を仕上げます。麗明全社員はこのような自己要求共に毎回の挑戦に向き合う、お客様より一層厳しい目で工事の品質を考え、慎重に進めます。

 

営造業は専門知識、チームワーク及び意志力の極限の挑戦であるため、慎い深く毎回の挑戦に向き合うことは麗明の従業員達の基本的な態度です。 『コースに離ないければ必ずゴールにゴールにたどり着く』と信じていますので、「一番良いものを提供する」というこだわりでの道を歩むことは決して簡単ではありませんが、その道での苦労は全て私達の甘い負荷、前進出来るエネルギーとなります。

 

家というのは一人の信念の源と同時に生活の培養土となるので、麗明営造株式会社は人、企業様、産業のために、安定した住居を築き上げます。 一方で、麗明を支える力は「会社はすなわち家庭である、家庭円満になれば、何事もスムーズに進む」という信念であることです。従業員たちは家族の感情のようにお互いに離れず、これまで後退せず、絶えず歩きながら前に向きあいます。 一個一個のプロジェクトに対し、慎重をお持ちながら最善を尽く、建物を完璧に仕上げました。営造という道で、信頼を勝ち取りながら、自分の心に恥じないようになることを望みます。

CEO 吳春山

董事長

呉春山

私達の拘り

実質的に経営に携わり

実質的に経営に携わり

会社経営者と共に実際な責任者であり、会社経営に専念し、全てのことに責任を受け持つ

社会奉仕活動

社会奉仕活動

社内で寄付箱を設置し、多数の社会福祉団体や弱者団体の支援活動に参加し、支援することを続けている

業界内で高評価続出

業界内で高評価続出

総合専門営造家、建築本位を守る

終始一貫

終始一貫

当社において中途半端で取りやめられたプロジェクトは一つもないこと

沿革

1994

敬業建設。麗明営造成立

1994.10

敬業建設。麗明営造成立

敬業建設。麗明営造成立

麗明営造の組織図

麗明營造

品質を保つ、ハイライトを創造し

自己期待

麗明全社員は自己を要求共に毎回の挑戦に向き合う、お客様より一層厳しい目で工事の品質を考え、慎重に進めます。

麗明營造

視野を高める

各プロジェクトごとに対し、厳しく専門的な敷地監査の仕組みを通じて、各建設リンクのベスト品質を維持しています。プロジェクトが難しくなるほど、意気込みを全力出しながら困難を乗り越え、技術革新のアップグレードも引き続き、自己適合性の向上、 より広い視点。

麗明營造

企業の社会的責任

地球を愛し、地球を大切にし、完璧を追求し、革新を続け、情熱を持ち続け、永遠に生きる。

2019企業の社会的責任レポート
PDF(14.5MB)
2020企業の社会的責任レポート
PDF(6.89MB)

Footer